【逆レイプ体験談】妹に紐で縛られて、調教された

体験談を書かせていただきます。

ボクが目を覚ますと、部屋には妹と、妹の同級生の優子が立っていた。

なぜかボクは、猿ぐつわをさせられていたて、手足は紐で縛られ、その紐がさらに太股の付け根に巻き付けられ、

ボクの両足は曲げられた状態で固定されていた。 まったくわけが分からない。

しかも女装をさせられていた。 頭にはウイッグが、手足の爪には真っ赤なネイルメイクがされていた。

どうしようもなく混乱してきた。 何故なんだ?!

「わたしが写真を撮ってあげる。」

優子はカメラを取り上げ、ボクに向けて言った。

「さて・・・・」

妹が優子の横に立った。

妹が服を脱ぎ始めた。何をするつもりなんだろうと思っていると、妹は全裸になった上で腰に器具をつけ始めた。

それを見てボクは驚きに目を見張った。

「わかる? わかるでしょう? そうよ。ペニスバンドよ。これでお兄ちゃんを犯してあげるの。わかった?」

冷たい目をして妹が言った。ボクは青くなった。女装させられて、ペニスバンドで妹に犯されるなんて!

「むぐぐぐぐ・・・もご!」

わけも分からずボクは何とか逃げ出そうと藻掻いたが、縛られているから何ともしようがなかった。

「痛くないようにしてあげる。」

妹はそう言いながら、ボクのアヌスにクリームのようなものを塗りつけた。そうしてから、指を突っ込んできた。

「うう・・・・」

「わぁ、よく締まるね。はい、はい。ここが感じるの? そうでしょう?」

妹は慣れているかのようにボクの前立腺あたりを指で刺激し続けた。萎えていたボクのペニスがむくむくとくるのを感じた。

この間にも優子がフラッシュを焚いていた。

「もういいかな?」

妹がボクの膝を両手でグイと開いて間に入ってきた。勃起していたボクのペニスは恐怖で縮み上がっていた。

「ジッとしていなさいよ。」

そう言うと、ペニスバンドをボクのアヌスにあてがった。

「ぐうっ!!」

アヌスに激しい痛みが走った。

「力を抜いて。そうした方が痛くないよ。」

ずるずるとペニスバンドが押し込まれてくるのを感じる。

「わあ、ほとんど全部入っちゃった。優子、見て、見て。」

優子が近寄ってきてフラッシュが光った。

「さあ、いくよ」

妹が腰を前後に動かし始めた。痛みがボクを襲う。

「うぐ、うぐ、うぐう・・・・」

やがてその痛みが次第に治まっていった。そして、痛みの代わりに何とも言えない感覚が沸いてくるのをボクは感じていた。

信じられなかったが、それは快感なのだ。その証拠にボクのペニスは勃起し始めていた。

「感じているみたいね」

優子がフラッシュを焚きながら言った。

「そうだね」

妹は腰を動かし続ける。そうしながら、ボクの口を塞いでいた猿ぐつわを外して、唇を合わせてきた。

ボクの精神は混乱していた。ペニスバンドでアヌスを犯されているのも忘れて、差し入れられてきた妹の舌を吸った。

快感がボクを突き抜けていく。

「ああっ! あううっ! あああっ・・・・」

ボクはまるで女のように喘ぎ声を挙げ続けた。

「いいよ!イきたかったらイっていいよお兄ちゃん!」

妹に激しく突かれ、ボクは絶頂へと向かっていった。

「おっ! おおううっ!!」

フラッシュの光の中で、腹の上にザーメンが撒き散られるのを感じながら、ボクの意識は遠のいていった。

目を開くと、目の前に妹の顔があった。




寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

「イっちゃったね。」

妹はボクの顎を持ち上げて軽くキスしてきた。

「男ってわかりやすくていいね。」

ピンと指先でペニスを弾かれた。

「どう? 無理矢理犯された気分は?」

ボクはぐったりしてしまって何も答えられなかった。

何故こんな目にあうかまったく分からないまま、ほんのり残った快感に身をゆだねていた。

優子がそばにやってきてボクを睨み付けた。

「もっとしてほしいみたいよ。」

優子は妹を焚きつける。

「そう? じゃあ、もっとしてあげるね。いいでしょ?」

妹はボクににじり寄ってきた。

「もう一度気持ちよくしてあげる。女の子みたく気持ちよくなるんだから幸せだね。」

ボクの耳に息をフッと吹きかけた。

「い、イヤだ!」

正気を取り戻してきたボクは思わず抵抗した。

「えー? あんなによがっていたのに?」

「よ、よがってなんかいない!」

「そうかな? もう一度やってみればわかるし。」

縛られているボクは逃げだそうにも逃げ出せない。叫んで助けを呼ぼうと思ったが、こんな格好を人に見られたくなかった。

妹はボクの膝を広げて身体を滑り込ませた。

「今度はいきなり入れてもいいよね」

ズブズブとペニスバンドが押し込まれた。妹に入れられたときよりも痛みは軽かったが、やはり痛みが走ってボクは顔を顰めた。

「ぐぅぅぅ・・・」

「痛いの?」

ボクは首を縦に振った。

「すぐによくなるから大丈夫だよ。 優子もしてあげて。」

優子は片手でシャッターを押しながら、ボクのペニスを手で弄んだ。

妹はどんどん腰を動かす。すぐに快感が生まれてきた。

声を出すまいと頑張ったが、常軌を逸した快感に、ボクはついに耐えきれなくなって声を挙げ始めた。

「あっ、あっ!ああうっ!」

「気持ちいいの?」

ボクは首を横に振って抵抗した。

「嘘つき! こんなに固く勃起しているじゃん! 気持ちいいって言いなさい!!」

激しく突かれる。快感がボクを襲う。

「あっ!あっ!あっ!あんっ!!」

ボクは喘ぐ。妹はピストン運動を止めない。ペニスバンドは萎えることがないから、いつまでも続くのだ。

「ほら! お兄ちゃん!気持ちいいって言いなさい!!」

ボクはもはや抵抗できなくなった。

「いいっ! 気持ちいいっ!!」

ついにそう言ってしまった。

「そうそう!素直になればいいの。 さぁ、イって。その気になれば、すぐにイけるでしょう?」

言われるままに快感に身を委ねたとたん、一気に頂点へ達した。

「あうっ! ううっ!! ああうっ!」

射精の瞬間、優子がボクのペニスをボクに向けた。

2回目とは思えないほどの量のザーメンがボクの顔にかかった。ボクは完全に意識を失ってしまった。

再び目を覚ますと、ボクは自分の部屋でいつもどおりの朝を迎えていた。 あれは夢だったのか?

紐で縛られた痕が手足に残っているのと、

朝食の時の妹の支配的な視線を除けば、そう考えるのが自然だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です