【逆レイプ】ヘタレな僕がかわいい同級生二人に逆レイプされて中でいってしまった話

大学在学中は運動部所属で割と真面目な学生生活をしてました。

所属の学部は国立の理系であまり人数の多くない学部だったせいか、

学部内の同級生は皆仲が良かった。

なので、俺が学部内のある女子の事を好きだった事もばれていた。

好きな人が居たので告白されても全部断っていたけど、

ヘタレだったもので結局好きな人には

アタックできずじまいだった..。

そんなある日、

同級生の女子2人が夜遅くに部屋に訪ねてきました。

酒やらおつまみやら持参で突然に、です。

一人は背が170ちょいと高くて空手部所属、

もう一人は背は低めで文科系の飲みサークル所属、

2人とも結構可愛いかったです。

翌日は休みだし飲むことにしました。

飲んでると、やっぱり恋話になる。

俺の好きな人のことや、俺の恋愛のヘタレぶりを

飲みのネタに揄われまくりました。

そういう話をしているうちに、俺も酔っていたせいか、

「童貞」である事がばれてしまいました。

「へー、そうなんだ」

「○○ちゃん(好きだった女子)の前の彼氏は(sex)上手そうだよ?」

「(もし付き合えても)困るんちゃう?」

「し、仕方ないだろ、誰だって経験無い時は無いんだから」

みたいな会話だったと思う。

俺は赤面症の上がり症で、多分こういう会話してた時も

真赤に為っててぎこちなく為りまくりだったはずです。

「ふーんそれじゃあさ、免疫つけとかなきゃ、……ほらほら」

なんと、一人がシャツの前をはだけて胸を見せてきます。

(ブラはつけてました)

「ちょっ、何やってんだよ!わけわかんねーコトすんなってば」

俺も酔っ払っていたせいか、しばらくじっと見てしまった後に

横を向いて言いましたが、まともに正視してしまったせいで、

すごく顔と頭に血が上った。

もう一人はしばらく笑い転げながら見ていただけだったけど、

そのコも脱ぎ始めました。

「わ、○○まで何やってんだよ!困るってば!」

もうその頃になると俺はパニック状態で

おろおろしてしまっていた。

その時の2人の楽しそうな顔をよく覚えている….。

上がりすぎて心臓がバクバクいってるし、想定していない状態に

さらされるとほんとにパニクってしまうもんだね。

俺は目をつぶってその場凌ぐことにした。

「もうバッチリ、免疫ついたからっ!もういいだろっ!」

「ウソばっかりー。顔真赤やん」

「あははは」

そして、2人は目を開けない俺を激しくくすぐり始めました。

「うあははははは!ちょっ、やめっってば!あははは!」

2人ともすごく楽しそうに笑いながらくすぐってきました。

どれくらいの時間だったか、そう長くは無いはずですが、

くすぐりをやめてもらった時は、

すごい疲れて息が切れてしまってました。

その時、2人のうち背の高いコが

(170ちょい、俺は170無いです。)

覆い被さって来て俺はいきなりディープキスをされました。

びっくりしたけど、それまでくすぐられまくられたせいか、

体が思うように動かず、抵抗しませんでした。

そのまま抱きすくめられて何分かキスしました。

そして、服を脱がされた時には

あそこも勃起してしまってました。

そのままそのコに乳首やお腹を舐められました、

童貞だったのでこんな事をされるのは初めてです。

体が勝手にビクビクと動いてしまってました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

そのコはすごく楽しそうな目をしながら

時々俺の顔を見てきたのがすごくエロかった。

そうしてあちこち愛撫されまくった後、

勃起したあそこを軽く握られました。

「うあっ..」

「んふっ…」

そのまま軽くしごかれて、俺はもう息も絶え絶えだった。

それまで見ていただけのもう一人のコ(ちっちゃい方)が

俺の上に覆い被さって来て、このコにもディープキスをされた。

俺はキスのテクニックも無かったので

彼女の舌になんとか応じていたが、突然、

勃起したあそこが暖かいものに包まれて引っ張られる感覚がした。

見えなかったけど、おおきい方のコに咥えられていたと思う。

暖かい感触で包まれながら亀頭も擦りたてられて、

あっという間にイキそうに為りました。

「んっ…んんんっ」

キスされながらそのままイってしまいました。

多分1分も持たずにイってしまったと思う。

イき終わるまで刺激され続けて、意識が飛びそうに為りました。

その時には2人とも下着を脱いでいて、

上に乗っていたコが俺の上から降りた。

自分の下半身を見てみるとさっきイったばかりの俺のあそこは

まだギンギンに勃っているのが見えた。

「イっちゃったね~。」

俺は恥かしさでまた真赤に為っていたと思う。

「もっと鍛えんといかんね。ふふっ」と大きい方のコがそう言って、

ぐったりしている俺の上に乗ってそのまま挿入されました。

「えっ?うわ、ちょっとまって!」

入れた後はしばらくじっとしたまま、俺の顔を見てきました。

そしてもう一人のコは俺の足の指を舐めはじめました。

「ストップっ!汚いってば!」

「ん、平気だよ。きもちいいでしょ?」

「じゃあいくよ。今度は私も良くさせてね」

そして彼女は腰を前後に動かし始めました。

すでに俺は泣きそうな顔をしていたかもしれない。

俺はさっきイったばかりだというのに、

もう射精感を感じてきていた。

「はぁ..はぁ..はぁ..ね..ねぇ、もう少しゆっくり….」

「え?2回目だからまだ平気だよね?」

彼女はそういうとさらに激しく腰を動かし始めました。

「うわっ、ちょっ….ダメだって!」

速度を緩めてくれずに彼女は軽く喘ぎながら

容赦無く動き続けてきました。
俺は必死に我慢しました。でも、

「う…もう持たないよ…」

「んふ..もうイきそう?」

「….うん」

2回目だというのにこんなに早く限界が来てしまったことや、

女の子にいいようにやられっぱなしで、恥かしかったです。

すると突然アソコが締め付けられて、

彼女は激しく上下に動き出しました。

「えっ?わっ..やばっ..ちょっと待って!」

「あはっ、イっちゃえ…..イっちゃえ!」

「うわっ…はぁ..はぁ…だ..だめ..イっちゃう、もう我慢できない」

イかされるのから逃げるかのように無意識のうちに

彼女の下でもがいてました。

彼女は俺の両手を上から手でカーペットに押し付けながら、

覆い被さってきて、俺は身動きが出来なくされてしまいました。

「はぁ!…っ….うぁぁっ…!」と、

そのまま激しく動かれて挿入したままだったので

中に出してしまいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です